丸山稔一院長ブログ | 東京 | 西日暮里 | 丸山オステオパシー治療院

東京・荒川区西日暮里にあるオステオパシー専門治療院の院長ブログ はじめまして院長の丸山稔一です。

【オステオパシー診断】問診後、患者様の「姿勢」を診て、どこに機能障害があるのか?施術ルートを絞り込む!

f:id:maruyama-osteopathy:20180718113314j:plain

40代 女性  首から腰に違和感がある。

 

こんにちは、丸山オステオパシー治療院 院長の丸山稔一です。

今回は40代女性 しばらく前より

頸から背中そして腰まで連続的に違和感を感じると訴え来院されました。

 

 

オステオパシーは問診をとても大事にします。

 

 

じっくりお話を聞くと、以前から疲れると背中が凝ってくる、特に右の背中の下の方が

凝ってきて、今では平常時でも痛みが出てきているとおっしゃっていました。

 又、3年前に心臓の膜の手術を受けたことがあるが、今では心臓は全く問題ないとのことでした。

 又、小学生のころ高いところから肩から落ちたことがあり大きな怪我をしたことがとのことでした。

 

 

問診を終えてから早速オステオパシーの診断を始めていきました。

 

 

診断の最初のステップとしては視診を行います。

これは患者様が立ってる状態をよく観察するためです。

 

 

 

姿勢を診るだけでも多くのメッセージが伝わってきます。

 

 

 

もちろんこれだけで全ての診断をするわけではありませんが、

施術の方向性がわかってきます。

 

 

 

視診は横から、後ろから、そして上から。 患者様の姿勢を3Dで観察していきます。

 

この患者様は横から見ると背骨のカーブがあまり感じれません、それと特に背中の部分が本来は少し後ろのカーブを描くのが自然なのですが、一本の棒のようになっています。そして胸の方向に背中が引っ張られているように感じました。診断を続けていくと、

 

 

下から股関節、肝臓、十二指腸、胸膜(肺を覆っている膜)そして頭蓋の側頭骨、顎関節の右側。 そして頭蓋の硬膜の右側に強い緊張感があることが分かりました。

 

 

 

このように多くの機能障害が発見された場合は、

情報の整理をする必要があります。

 

 

 

一番最初にやる部分はどこか、又なぜ多くの機能障害があるのか?などです。

 

オステオパシー検査を進めながらさらにお話を伺うと、

小学生のころに長い間歯科の矯正器具をつけていて

それ以来ずっと顎の調子が悪いといわれました。

 

 

人間が二足歩行するときにバランスを調整する器官はいくつもありますが、特に重要な働きをしているのは目・耳・顎にあります。

 

 

従い、この患者様は顎に問題があり、長い時間をかけてその負担が各所に影響していたことが推測されます。

 

 

顎関節の動きの悪さで、

側頭骨、硬膜の緊張、

そして十二指腸、

肝臓の機能障害の説明が付きます。

 

 

 

早速、顎関節の施術から始めました。

 

直接つながっている側頭骨そして十二指腸とすすめて行きました。

 

 

 

一回目の施術を終えて

もう一度姿勢の状態を観察すると、、、

 

 

 

すでに棒状の背骨にかなりカーブが出てきて

本来の自然な状態に回復したことが分かります。

 

 

 

この患者様は2回の施術で首から腰に至る不快感は消えました。特に背中の右下の凝り、痛みは全く感じなくなったとおっしゃっていました。おそらく十二指腸の機能障害がなくなったせいと推測されます。

 

体のあちこちに問題がある方は一度オステオパシーの施術をうけられることをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

 

「木も見て森も見る!」オステオパシーは全身の関連性を追求し、機能障害を改善させる技術です。

f:id:maruyama-osteopathy:20180706143230j:plain

 

皆さまこんにちは。 丸山オステオパシー治療院 院長の丸山稔一です。

今回は首の痛みについてお話しします。

 

40代女性

10年以上前からの違和感を覚え一向に治らないと来院されました。

起きている間、常に違和感を覚えているとのこと。

整形外科を初め鍼灸治療など代替医療にも数多くかかられ、

少しはよくなってきたが完治の気配を感じないとのことでした。

 

 

首が痛くなったきっかけは10年前に棚の上にある物を取ろうとして腕を伸ばしたところ何かプチッを音がしたとのこと。

それを境に首がずっと痛いということです。

 

 

いつものように初診時に

じっくりお話しをお聞きしました。

 

若いころからスポーツが大好きでよく怪我をした。

又、元来あまり胃腸の調子が良くない。

一時仕事の関係で強いストレスを感じていた。

直接首に痛みとは関係はないが、いろいろ問題があったことが分かりました。

 

 

オステオパシーでは頸椎(首の骨)は体のいろいろな関節の緩衝の働きを持つと考えています。

 

例えば

腰椎や胸椎の動きが悪い場合は、

頸椎がその動きの悪さを助ける役割をもつと考えます。

 

又、頸椎の真ん中ぐらいから横隔神経という神経が出ていて

横隔膜の動きと感覚を支配します。

ですから横隔膜を挟み関係の深い肝臓・胃・胆のう・十二指腸の上部・膵臓・心臓

などと直接的な関係を持ちます。

 

又、心臓を保護している膜(心膜)や肺を保護いている膜(心膜)も直接に頸椎をつながりをもっています。

 

このように頸椎の痛みがある場合は広い範囲で診断をする必要があります。

 

 

10年以上いろいろな医療機関で見てもらっても

なかなか治らないということは

首以外の部分に疑いを持たなかったことが推測できます。

 

 

問診の後、全身のオステオパシー検査を行いました。

頸椎の動きを検査してみると、動きの悪さを感じません。

 

 

全身を調べた結果、

横隔膜を中心として肝臓・胃・十二指腸・そして横隔膜を胸骨を結び付けている胸骨心膜靭帯に機能障害があることが分かりました。

 

 

上部消化管に問題がある場合は

頭蓋の動きと非常に関係があります。

頭蓋の動きを詳細に調べると、

やはり側頭骨に動きの悪さを見つけました

 

 

頭蓋の施術をしてから

胃・肝臓そして胸骨心膜靭帯の施術を行いました。

数回の治療でこの患者様の首の違和感はすっかりなくなりました。

 

 

棚の物を取ろうとして痛くなったのは、

それまで代償していた頸椎が

その動きをきっかけに代償の限界を

超えてしまったと推測できます。

 

 

それ以前からおそらく横隔膜周辺の機能障害があり、

常に横隔神経を通じて頸痛にストレスを与え続けてきたと思われます。

 

オステオパシーは全身の関連性を追求し、

機能障害を改善させる技術です。

 

もし長年、頸の不調でお悩みの方は一度オステオパシー治療を受けられることをお勧め

いたします。

 

www.maruyama-osteopathy.com

 

「木も見て森も見る!」オステオパシーは全身の関連性を追求し、機能障害を改善させる技術です。

f:id:maruyama-osteopathy:20180706143230j:plain

 

皆さまこんにちは。 丸山オステオパシー治療院 院長の丸山稔一です。

今回は首の痛みについてお話しします。

 

40代女性

10年以上前からの違和感を覚え一向に治らないと来院されました。

起きている間、常に違和感を覚えているとのこと。

整形外科を初め鍼灸治療など代替医療にも数多くかかられ、

少しはよくなってきたが完治の気配を感じないとのことでした。

 

 

首が痛くなったきっかけは10年前に棚の上にある物を取ろうとして腕を伸ばしたところ何かプチッを音がしたとのこと。

それを境に首がずっと痛いということです。

 

 

いつものように初診時に

じっくりお話しをお聞きしました。

 

若いころからスポーツが大好きでよく怪我をした。

又、元来あまり胃腸の調子が良くない。

一時仕事の関係で強いストレスを感じていた。

直接首に痛みとは関係はないが、いろいろ問題があったことが分かりました。

 

 

オステオパシーでは頸椎(首の骨)は体のいろいろな関節の緩衝の働きを持つと考えています。

 

例えば

腰椎や胸椎の動きが悪い場合は、

頸椎がその動きの悪さを助ける役割をもつと考えます。

 

又、頸椎の真ん中ぐらいから横隔神経という神経が出ていて

横隔膜の動きと感覚を支配します。

ですから横隔膜を挟み関係の深い肝臓・胃・胆のう・十二指腸の上部・膵臓・心臓

などと直接的な関係を持ちます。

 

又、心臓を保護している膜(心膜)や肺を保護いている膜(心膜)も直接に頸椎をつながりをもっています。

 

このように頸椎の痛みがある場合は広い範囲で診断をする必要があります。

 

 

10年以上いろいろな医療機関で見てもらっても

なかなか治らないということは

首以外の部分に疑いを持たなかったことが推測できます。

 

 

問診の後、全身のオステオパシー検査を行いました。

頸椎の動きを検査してみると、動きの悪さを感じません。

 

 

全身を調べた結果、

横隔膜を中心として肝臓・胃・十二指腸・そして横隔膜を胸骨を結び付けている胸骨心膜靭帯に機能障害があることが分かりました。

 

 

上部消化管に問題がある場合は

頭蓋の動きと非常に関係があります。

頭蓋の動きを詳細に調べると、

やはり側頭骨に動きの悪さを見つけました

 

 

頭蓋の施術をしてから

胃・肝臓そして胸骨心膜靭帯の施術を行いました。

数回の治療でこの患者様の首の違和感はすっかりなくなりました。

 

 

棚の物を取ろうとして痛くなったのは、

それまで代償していた頸椎が

その動きをきっかけに代償の限界を

超えてしまったと推測できます。

 

 

それ以前からおそらく横隔膜周辺の機能障害があり、

常に横隔神経を通じて頸痛にストレスを与え続けてきたと思われます。

 

オステオパシーは全身の関連性を追求し、

機能障害を改善させる技術です。

 

もし長年、頸の不調でお悩みの方は一度オステオパシー治療を受けられることをお勧め

いたします。

 

www.maruyama-osteopathy.com

 

これは【オステオパシーの治療】?それとも【医師の治療】なのか?鑑別診断で見極める!!

f:id:maruyama-osteopathy:20180702153819j:plain

こんにちは丸山オステオパシー治療院 院長の丸山稔一です。

 

6月にフランスのオステオパシー学校の卒業試験を受けてきました。

その準備に追われ、ここ数か月間は大変多忙だった為、

久しぶりのブログになりました。

 

 

これからはまた定期的にオステオパシーの情報を発信していきたいと思います。

改めて宜しくお願い致します。

 

 

 

今回はヘルニアの症状を訴えてきた患者様について書いてまいります。

 

50代の女性腰の痛みと右足のシビレ

を訴えて来院されました。

 

 

5年前にも同じ様な症状になりその時は整形外科に行き、

レントゲン検査の結果

 

 ヘルニアだといわれたそうです。

治療は痛み止めの薬を処方され、又しばらく通院して牽引の治療をしたそうです。

 

ある程度はよくなったものの常に腰に不安を抱えいて、

2ケ月前から又激しく症状が再発したとのことです。

 

症状であるシビレがある場合は

腰椎ヘルニア・腰椎脊椎間狭窄症・閉鎖性動脈硬化症・糖尿病などの重篤な病気の症状の場合がありますので安易に施術することは避けなければなりません。

 

オステオパシーの施術は

機能障害に対して行うものです。

 

そして、

器質的な問題(骨折、軟骨のすり減り、椎間板か出ているなどの物理的に変化しているもの)に対しては

基本的には医師の仕事の対象になります。

 

 

オステオパスの仕事の第一ステップとして【鑑別診断】を行います。

神経の感覚テスト

反射テスト

圧迫テスト

運動神経テスト

などは特別な機器を使うことなく知識と技術があればできるテストです。

 

 

その中でも

運動神経のテストで、もし陽性の結果が出た場合は特に慎重に扱わなければなりません。

 

感覚神経も運動神経も同じ神経の線維に含まれていますが、運動神経はより深い部分にある為です。

運動神経に障害(力を入れようとしても力が入らない)の場合は至急病院に行って精密検査を受ける必要があります。

 

 

今回の患者様にももちろんこの【鑑別診断】を行いました。

 

結果として痺れている方の右足の運動神経に動きの悪さがあることが分かりました、

 

以前の病院ではレントゲン検査しか受けていないこともありすぐにMR検査を受けるようお願いをしました。

 

後日、早速電話が入り検査の結果ヘルニアではないことが分かったと報告がありました。

 

それ以降再度来院され現在ではオステオパシーの施術を改めて開始しました。

 

フランスのオステオパシー学校ではこの鑑別診断について徹底的に教育をします。

 鑑別診断の知識とテストができなければ卒業することはできません。

 

 

オステオパシー施術の対象になる疾患なのか病院での治療をしなければならないのか見分ける能力が求められます。

 

もし貴方が通うオステオパシー治療院が【鑑別診断】をせずに

いきなり施術を始めたならば注意して頂きたいと思います。

 

www.maruyama-osteopathy.com

 

50代男性【問診と全身検査が重要なワケ】左肩の激痛

f:id:maruyama-osteopathy:20180409113828j:plain

皆さまこんにちは、丸山オステオパシー治療院の院長 丸山稔一です。

 

今回は左肩痛の患者様のお話をいたします。

 

50代男性

1ケ月前から左肩に痛みがある

激痛がしてよく寝られない日々が続きているとのことです。

 

又今回のメインテーマは

 

問診の重要性

 

についてです。                     

 

オステオパシー施術の特徴は

今起きている現象にとらわれ過ぎないということです。

 

もちろん

症状として起きている肩の痛みをとることを目的にしますが、肩の周辺のみにとらわれ過ぎないということです。

 

当院では

初回の施術にかかる所要時間は

カウンセリングも含め90分程度です。

 

全身をよく診る事、

そして

過去にどの様な病気になったことがあるか。

 又、

怪我をしたことがないか。

手術をしたことがないか。

 

時間をかけて問診をしていくことが原因を特定していく上で

とても重要になってきます。

 

今回の患者様にもじっくり問診をしていきました。

 

4年前に頸椎ヘルニアの手術をしている。

左耳の聞こえが悪い、又耳鳴りが何年も前から続いている。

 

さらに

 

20年前にに左足首の靭帯を断裂してしばらくギブス固定をしていたことがある。

 

等々、重要なお話を聞くことができました。

 

もちろん

 

問診で得た重要な情報を鵜呑みにせず、

改めて全身のオステオパシー検査を行っていきました。

 

オステオパシー検査の精度が上がってくると、

肩痛の場合、

肩の関節に問題があるのか、

又肩の周囲以外に原因があるのかを識別することができます。

 

今回のケースの場合

肩の周囲には問題がないことが分かりました。

 

今回問診で得た情報を整理しすると、

古い順番から

 

1)足の靭帯の損傷

2)難聴と耳鳴り

3)頸椎ヘルニア

4)肩痛

 

の順番になっています。

 

オステオパシー独特の考え方で

上方チェーンと下方チェーンという考え方があります。

 

これは

 

障害が下から上に伝わっているのか、

上から下へなのかということです。

 

この考え方を参考にしながら足首の状態を調べてみると

 

脛の外側にある腓骨という骨の動きか悪くなっていることが分かりました。            

 

オステオパシー検査では

左股関節の動きの悪さも発見していましたので、

腓骨の治療をした後もう一度股関節の動きを確かめてみるとスムーズに動きました。

 

これは

 

足首の機能障害が上方に伝わるパターンだ

ということになります。

 

腓骨の施術・胸膜

そして肩の神経に間接的にかかわっている翼口蓋神経節(口のなかにあります)の施術をすることによってこの患者様の肩痛は改善しました。

 

最初に

機能障害があった腓骨の施術をしなければ肩の痛みは改善しなかったと思われます。

 

 

複雑な機能障害ほど

しっかりとした問診と

オステオパシーの全身検査が

問題解決のキーになってくるのです。

 

今回は問診と全身検査の重要性をお話させて頂きました。

 

なかなか治らない肩の痛みがある方は

一度オステオパシー施術を受けることをお勧めします。

 

www.maruyama-osteopathy.com

 

 

【腰痛と腎臓の関係】長年腰痛で悩んでいる方は オステオパシーの施術をお勧めいたします。

f:id:maruyama-osteopathy:20180330224350j:plain

こんにちは

丸山オステオパシー治療院の院長 丸山稔一です。

 

今日は腰痛と腎臓の関係をお話しします。

 

腰痛はとっても多い障害の一つです、腰痛の経験がない人は

誰一人いないのではないでしょうか?

 

先日、40代の女性

数か月間、腰痛が収まらない方が来院されました。

 

特徴がお尻の上の方と、太ももの外側の神経的な痛みが継続的にあり、

最初は寝起きが特に痛かったが、最近は体を動かす時も痛みを感じ、

足にシビレも走るということでした。

 

どこの痛みでもそうですが、腰の痛みについても様々な原因があります。

 

背骨の動き、骨盤の動き、腰の周辺に着いている筋肉の問題など。単純にシンプルな原因でもさまざまで、又頭蓋の動きが原因のときさえあります。

 

そして

 

絶対に見逃してはいけないのが内臓の問題です。

 

そして

 

腰痛についてはいつ痛いのか?

 

例えば

体を動かすときに痛い、

何もしなくても痛い、

夜寝ているときに痛い、

又朝目が覚めるときが一番痛く動き始めると痛みが和らぐ。 

 

など

 

痛みの出方によって着目するところが違ってきます。

 

特に

寝起きが一番痛い時には内臓は必ずチェックする必要があります。

 

又、

複合型で関節の機能障害にこの内臓の問題が合併したものもありますので

 

単純なものばかりではないの気を付けなければなりません。

 

寝起きの痛みはなぜ

内臓をしらべる必要があるのでしょうか?

 

背骨の中には多くの血管が通っています。

もちろん使い終わった血液は静脈から心臓に戻っていきますが、何らかの原因で静脈に対して排液が滞ると寝起きに腰が痛くなります。

 

腰の骨の静脈を要静脈と呼んでいます。

ここに腰静脈は左の腎臓の静脈に合流します、

 

この左の腎臓が何らかの原因で少し下垂したり、あるいは後ろに行ったりすることがあります。

 

そうなりますと

要静脈の位置が変わりそこに合流する腰静脈の排液が悪くなるのです。

 

このような場合大半のケースで起きで体を動かすと排液が始まり痛みが消えます。

 

今回の患者様もオステオパシーの全身診断をしたところ、

 

胸椎の12番の動きの悪さと、

左肝臓の固着があることが分かりました。

 

胸椎の12番もお尻から太ももにかけて痛みを起こす神経に決定的に関係がある個所です。

 

今回の治療は動きの悪くなっていた胸椎12番の動きを回復させる事。

 

そして後ろに固着していた腎臓を元の位置に戻し、腎静脈のたるみをなくし腰の静脈の

 

排液を回復させる事です。

 

この施術で数か月続いた腰痛はほぼ回復しました。

 

腰痛の治療はただマッサージしたり、背骨をポキポキするだけではありません。

 

よく原因を追究することが肝要です。

 

長年腰痛で悩んでいる方はオステオパシーの施術をお勧めいたします。

 

www.maruyama-osteopathy.com

 

【あなたの首の痛みはどこから来ている?】何年も首でお悩みの方、全身のオステオパシー検査をお勧めします。

f:id:maruyama-osteopathy:20180315150807j:plain

皆様こんにちは、

丸山オステオパシー治療院の院長 丸山稔一です

 

 

今日は首の痛みについてお話致します。

 

50代女性 3年間続く首(頸)の痛みを主訴

に来院されました。

 

 

まずは、人間にとって首の役割とはどのようものでしょうか?

 

オステオパシーでは

  • 頭をあらゆる方向に動かす必要がある(可動性)
  • 頭をある位置で一定にしっかりと保たなくてはならない(固定性)

 

 

可動性と固定性という相反する二つの役割を首は持ち合わせています。

 

つまり

 

頸椎は常に2つの役割をもつため、他の椎骨より

過酷な条件で働いています。

 

そういった理由から痛み易く、首の痛みを訴えて来院される方がとても多いです。

 

又、脊柱全体のどこかに動きの悪さがある場合、頸椎はその動きの悪さを代償する性質をも持っています。

 

過酷な条件で働き

且つ

脊柱の代償もしていますから余計に痛み易いのです。

 

今回の患者様も

痛くなり始めて3年経過し、色々な医療機関に行っています。病院・接骨院・整体・鍼灸など、どこに行っても

痛みがぶり返してしまうそうです。

 

 

今回も全身のオステオパシー検査からはじめました。

 

よく機能していない(動きの悪い)箇所が3か所見つかりました。

  1. 右の骨盤の動き
  2. 内臓の上行結腸の動き
  3. 胸郭の動き

 

 

オステオパシーは手当たり次第に施術しません、何故首に痛みが出ているのかをよく考えてから施術の手順を決めていきます。

 

 

胸郭を動かしているのは主に横隔膜です、又補助的にいくつかの筋肉が働いています。補助筋の一つが頸の横についている斜角筋という筋肉です。もし頸の痛みが有った場合は胸郭の動きは必ず診なければなりません。

 

 

次は何故、胸郭の動きが悪くなったかをさらに調べていきました。

 

動きの悪い上行結腸を押え胸郭をもう一度押してみると、胸郭がかなり柔らかくなりました。

 

つまり

内臓のつながりで胸郭の動きが悪くなっている事が分かりました。

 

 

順番としては上行結腸と心膜横隔膜靭帯を施術してさらに胸椎の施術をしました。

 

結果として2回の施術でほぼ回復しました。

 

現在はメンテナンスの意味で月に一回来院していただいています。

 

 

オステオパシー施術は首が痛いと言っていきなりポキポキしたりはしません。何故なのかをよく考えます。

 

何年も首でお悩みの方、一度オステオパシーの施術をおすすめいたします。

www.maruyama-osteopathy.com